炭酸パックの上手な使い方

炭酸パックの上手な使い方

炭酸パックとは、炭酸ガスを肌の奥に送り込み、血中の二酸化炭素の濃度を上昇させる事で、一時的に肌が酸欠状態であると、体に勘違いをさせ、それにより、肌により多くの酸素を送り込む状態を作っていきます。
肌に多くの酸素が送り込まれると、それにより、肌の新陳代謝が活発になり、肌本来の力を取り戻していく事が出来ます。
肌の新陳代謝が高まると、肌自体が内側から綺麗に若々しく生まれ変わるだけでなく、それと同時に、様々な肌トラブル解消にも繋がる事で人気です。
そんな炭酸パックの上手な使い方は、パックを行う前後にも気を遣う事です。
パックを行う前は、炭酸ガスがしっかりと浸透するように、クレンジングと洗顔をしておく事が大切です。
そして、炭酸の泡というのは、低い温度の方が活発に発生するので、肌の温度を下げておく事も大切です。
それにより、炭酸ガスが多く発生する状況を作る事ができます。
そして、炭酸パックの後は、しっかりと洗い流し、すぐに化粧水をつける事が大切です。
パックが終わると、それだけで綺麗になったと考えがちですが、その後のケアがとても重要になってきます。
こうした前後のケアをしっかりと行う事で、炭酸パックの効果が高まります。