自宅とエステでの炭酸パックの違い

自宅とエステでの炭酸パックの違い

今、炭酸美容が人気を集めています。
その中でも自宅でも手軽に、炭酸美容が行えるとして、パックは人気です。

 

炭酸パックでケアすると、まず炭酸ガスが毛細血管に入り込み、血管を拡げます。
血管が拡張する事で、血流が良くなり肌細胞に、栄養素と酸素を十分に送り込む事ができるのです。
酸素と栄養素を補った肌細胞は、活性化するので様々な美容効果を発揮します。

 

まず、コラーゲンなどの生成量がアップするので、お肌にハリや弾力が生まれます。
また肌のターンオーバーも促されるので、メラニン色素を含んだ、古い角質もスピーディーに排出する為、シミやくすみの予防や改善に効果的です。

 

この他にリフトアップやニキビにも、有効など美容効果に優れたパックとなっています。
炭酸によるパックは自宅でも行えますが、エステサロンでも炭酸パックによるケアを行っています。

 

自宅とエステサロンとの違いですが、まず炭酸ガスの濃度に違いがあるのが、一般的です。
通常、エステサロンの方が市販のパックより、炭酸ガスの濃度が高くなっています。

 

また自分の肌に合った、美容成分を含む炭酸パックでケアしてもらえる、スタッフによるハンドマッサージなどプラスαのケアを受けられるという点も、自宅でのケアの違いです。