炭酸パックを使う上での注意点

炭酸パックを使う上での注意点

ドラッグストアなどでも販売されており、手軽に手に入れやすくなった炭酸パックですが、使う上で注意点があります。多くの場合は、薬剤を自分で混ぜて使うようになっているでしょう。ここで注意したいことがあります。

 

炭酸を自分で発生させて使うようになっています。
だから、作り置きはできません。たくさん買ってきて、時間のある時に作り置きをせずに、一回ずつ使う分だけを作ってください。
そうしないと炭酸が抜けてしまって効果が薄れてしまいます。

 

また、作る時は、使う直前が鉄則です。
そうしないと炭酸がどんどん抜けてしまうからです。
作った直後から炭酸は抜け続けます。炭酸の力が必要なので、新鮮な炭酸パックを使うようにしましょう。
そうすると、美容成分が浸透しやすくなりますし、炭酸の力のおかげで肌がつるつるになるでしょう。

 

そして、最後に炭酸パックを取るのですが、粘土の高いジェルなので、洗い流すのではなく、蒸しタオルでふき取って使い終わったパックはゴミ箱などに捨てましょう。
排水溝が詰まることがないようにするためです。
効果が高い炭酸パックですが、もしも刺激が強いと感じたらすぐに取ってください。
正しい使い方をすれば肌はちゃんと答えてくれます。